テニスのフットワークを鍛える練習

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

テニスのフットワークを鍛える練習

シングルスのストローク力を磨くためにも
フットワークを習得することは重要です。

 

フットワークは、相手のボールに素早く反応して、
最適な打点で打つための準備です。

 

シングルスの試合では、レベルが上がってくると
コースをつかれて振り回されたり、逆をつかれたり
バランスを崩され自分のスイングが
できないことが増えてきます。

 

どんなボールにもしっかりアジャストできるように
フットワークを鍛えておくことは大切です。

 

フットワークは体幹を使って
体のバランスを保つ能力が必要不可欠になります。

 

そのため、バランスボールやバランスディスクなどを使って
体幹を鍛えておくことでフットワークが鍛えられます。

 

基本の構え

最適なフットワークをするには、
まず基本の構えが大切です。

 

試合中に飛んでくる様々なボールに対して
素早く反応できるような
準備をするのが基本の構えです。

 

フットワークの基本の構えは、
まず足を肩幅より少し広めに広げます。

 

そして、ひざを軽く曲げ
お尻を後ろに突き出して
軽く前傾姿勢をとります。

 

このとき、前傾姿勢が深すぎたり
後ろに重心がかかっていると
動きにくくなるので注意が必要です。

 

上半身はなるべくリラックスして、
バランスを保つためにおへその下あたりに
重心があることを少し意識します。

 

今の構えで前後左右に
素早く動き出せるかどうかを、
チェックしてみてください。

 

基本の構えができたら、
縦方向や横方向にフットワークの練習をします。

 

体幹を鍛えることが重要

フットワークを鍛えるにあたって、
体幹を鍛えることはとても重要になります。

 

実戦では体勢を崩しながら打つことは頻繁にありますが、
無理な体勢になっても素早く立て直すことが必要だからです。

 

腹筋や背筋周りの筋肉を鍛え体幹を鍛えることによって
体勢を崩しても素早く次の動作に入れるようになります。

 

なので、どんな状況でも安定したプレーをするために
体幹を鍛えて安定させることは必要不可欠になります。

 

体幹を鍛えるためにはバランスボールや
バランスディスクを使うことが有効です。

 

バランスボールの上に立つのは最初は難しいですが
両ひざに挟み込んでバランスを取るだけでも
体幹は鍛えられます。

 

バランスディスクの場合は両足で立つことができます。

 

いずれの場合も背筋を伸ばして
正面を見ながらバランスをとることがポイントです。

 

縦方向のフットワーク練習

基本の構えから、コーチの合図に従って
縦方向にフットワークの練習をします。

 

まず、コーチの合図と同時に
前方向にダッシュします。

 

このとき、最初の一歩で地面を蹴り、
鋭くダッシュできるように心がけます。

 

コーチの次の合図で減速して止まり、
バックステップで後ろに戻ります。

 

減速するときは細かくステップして
ブレーキをかけていきます。

 

急激なブレーキでもバランスが保てるように
体幹を意識することがポイントです。

 

横方向のフットワーク練習

横方向のフットワーク練習は、
コーチの手を挙げた方向に移動します。

 

移動中にコーチが方向転換の合図をしたら
ブレーキをかけ、素早く方向転換して
コーチの指示した方向に移動します。

 

移動中もコーチから目を離さないことが大切です。

 

コーチの方向を向いたままでも
体のバランスを崩さないよう意識します。

 

この練習をすることで、
急な状況変化にも対応できる
フットワークを鍛えることができます。

 

急な方向転換があってもブレないように
体幹を鍛えることで、
どんな状況でも自分のスイングで打てるような
バランス感覚が向上します。

 

スポンサーリンク

関連ページ

一人練習
一人で練習すると、自分の弱点を集中して練習できるので仲間との練習よりも効果的にできる場合があります。一人練習を有効なものにするためにおススメの練習法をご紹介します。
有効な練習方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
バックハンド練習法
試合で勝つために避けては通れないバックハンドが上達するための練習法をご紹介します。
ネットプレー練習
シングルスのネットプレーを身に着けるための効果的な練習方法です。
スマッシュ練習法
何となく練習しているだけではスマッシュは上達しません。スマッシュ練習で意識すべきこととは?
フォアハンド練習
感覚に頼らないフォアハンドの打ち方身に着けるための練習法をご紹介します。