シングルスポールの立て方

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

シングルスポールの立て方

テニスのシングルスの試合は、
ほとんどがダブルスコートで行われます。

 

ダブルスコートでシングルスをするために、
シングルスポールを立てる必要があります。

 

写真の赤枠の中にあるのがシングルスポールです。
シングルスポール

 

プロの試合でも立てることがあるのですね。

 

シングルスポールは、トーナメントが始まる前に立てます。

 

なので、1回戦から出場する選手は
立てる機会が多いと思います。

 

特に、始めてシングルスに出場する人は、
立て方がわからない人もいますので
スムーズに試合を進めるためにも
シングルスポールの立て方を覚えておきましょう。

 

シングルスポールとは

シングルスポールとは、
ダブルスのネットの高さを
シングルスと同じ高さに調整するための道具です。

 

テニスに使うネットはご存知の通り
両端が高く、真ん中が低くなっていますね。

 

テニスのネットの両サイド91.4cmの場所の高さは
107cmに決められています。

 

しかし、シングルスコートはダブルスコートに比べて
狭くなっているため、ダブルスの時のネットの高さでは
両端が低くなってしまいます。

 

ダブルス用のネットの高さをシングルス用に
調整するための道具がシングルスポールです。

 

シングルスポールのサイズと立て方

シングルスポール

 

シングルスポールは長さ107cmの白い棒で
下から91.4cmのところに印がついています。

 

この印は、シングルスのサイドラインから
91.4cmの位置にポールを立てるために、
測定用としてついています。

 

なので、シングルスのサイドラインの外側に印を合わせて、
ネットに沿ってポールを寝かせてから、
ポールの下側を中心に立ち上げると
サイドラインから91.4cm外側にポールを立てることができます。

 

シングルスポール

 

そして、ポールの上には、
ネットのワイヤーを入れる溝があり、
その溝にワイヤーを入れれば完了です。

 

立てた後、シングルスポールが
地面と垂直になるように微調整します。

 

シングルスポールの立て方の流れについては
こちらの動画が参考になります。

 

 

対角線になるように立てる

また、シングルスポールはコートの両側に立てます。

 

片方を自分サイドに立てたら、
もう片方は相手のサイドに立てる、
というように、対角になるように立てるのが基本です。

 

シングルスポールの立て方

 

そうしなければならないというルールは無いようですが
左右のバランスを保ち倒れにくくするために
このような立て方がベストかと思います。

 

試合中にシングルスポールが倒れて
トラブルにならないためにも
対角線に立てるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

草トーナメントで勝つ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
シングルスのルール
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
試合で緊張しない方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
タイブレークのやり方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
練習の力が出せない
練習では勝てても試合で勝てないという方も多いと思います。試合で力を発揮するための対策法をご紹介します。