ポジショニングの基本

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

シングルスのポジショニングの基本

テニスシングルスの勝ち方

シングルスはダブルスと違って、
コートの広い範囲をカバーしなければいけません。

 

なので、シングルスはダブルス以上に
ポジショニングが重要です。

 

ポジショニングを間違えると、
無駄に走らされて体力を消耗したり
簡単に決められてしまったりします。

 

わずかなポジショニングの違いで
勝敗を分けるといっても過言ではありません。

 

シングルスの試合を優位に進めるためにも
ポジショニングを確認しておきましょう。

 


基本は相手の打つ範囲の真ん中

テニスシングルスの勝ち方

ポジショニングの基本は、
相手が打つであろう範囲の真ん中です。

 

しかし、それはコートの真ん中ではありません。

 

例えば、相手がフォアサイドにいるときは、
フォアサイドへ打つ範囲の方が広い、
ということはわかりますか?

 

クロスの方がラインまでの距離が長いので、
クロスの範囲の方が広いのです。

 

なので、相手がフォア側ににいるときは、
自分もわずかにフォア側に
ポジショニングするべきです。

 

相手がバックサイド側にいるときは
その逆でバックサイドよりに
ポジショニングします。

 

クロスに打つほどクロス寄りにポジショニング

 

テニスシングルス

 

あなたがクロスに打てば打つほど、
ポジショニングはクロス寄りに取る必要があります。

 

なぜなら、クロスに打つほど、
角度のついたクロスが返球される可能性があるからです。

 

例えば、あなたがショートクロスに打ったら、
ショートクロスで返される可能性があります。

 

なので、ショートクロスに備えて、
コートの端の方にポジショニングする必要があります。

 

当然、ストレートの可能性もあるので、
守備範囲がかなり広くなります。

 

なので、むやみにショートクロスは
打たない方が得策です。

 

ポイントを取れる自信がある|時だけ、
打つようにしましょう。

 

ストレートに打ったら逆サイドに戻り過ぎない

 

テニスシングルス

 

もし、あなたがストレートに打った場合、
逆サイドの打ち合いになるため、
逆サイドの方に移動します。

 

しかし、いきなり逆サイドに移動すると、
相手がストレートを打ってきたとき
対応できなくなります。

 

逆をつかれたようなかっこうになります。

 

なので、逆サイドに戻り過ぎてはダメです。

 

センターより手前に戻り、
相手の様子を見るようにしましょう。

 

クロスに追いかけることに集中して
バランスを崩さないことが大切です。

 


後ろに下がり過ぎない

山なりのトップスピンの打ち合いなどで、
後ろへ下げられるシチュエーションがあります。

 

しかし、ベースラインがら後ろに下がれば、
それだけ守るべき範囲も広くなってしまいます。

 

ベースラインから1m以上下がれば
ドロップショットも決められやすいし、
角度をつければ必要以上に走らされます。

 

なので、後ろへ下げられた後でも、
ベースライン付近まで
ポジションを戻すようにしましょう。

 

前に詰め過ぎない

テニスシングルス

シングルスでネットプレーをする場合は
サービスライン付近でプレーするのが基本です。

 

それ以上ネットに詰めるのは、
チャンスボールが来て
決められる自信があるときのみです。

 

いきなりサービスラインより前に詰めると
速いパッシングショットやロブで
簡単に抜かれてしまいます。

 

サービスライン付近でのボレーで相手を追い込み
チャンスボールを前に詰めて決める
というパターンです。

 

前に出るほどストレート寄り

 

シングルスでボレーに出るとき、
ポジショニングはストロークのときと違い
ストレート寄りになります。

 

それは、相手の返球可能範囲の真ん中が
ストレート寄りになるからです。

 

サービスライン上にいるときは、
相手がどこにいても
ほぼ真ん中になります。

 

サービスラインより前にいるときは、
前にいくほど相手と同じサイドにポジショニングしましょう。

 


まとめ

シングルスのポジショニングは、
相手の返球可能範囲の真ん中が基本です。

 

例えば、あなたがクロスに打った場合は、
コートの真ん中ではなく
少しクロス寄りにポジショニングします。

 

あなたがクロスに角度をつけるほど、
ポジショニングはクロスの方になり、
守備範囲が広くなります。

 

また、後ろに下がり過ぎると、
守備範囲が広くなり、
左右に振られると必要以上に走らされます。

 

打ち終わったら、
ベースラインの少し後ろに戻るようにしましょう。

 

ボレーに出るときは、
あまり前に出るとロブが追いつけなくなります。

 

ロブに備えてサービスライン付近に
ポジショニングするのが基本です。

 

ボレーに出るときはあまり前に出すぎず、
ストロークで打ち合うときは後ろに下がりすぎず、
相手の返球されるであろう範囲の真ん中にいることが
シングルスのポジショニングの基本です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

シングルスの戦い方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ボレーを決めるコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
体力を温存する
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
センターセオリー
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ミスを減らす方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
シングルスボレーヤーの勝ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
サーブキープするコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
有効なサーブリターン
試合のレベルが上がってくるほどサーブリターンのコースが重要になります。
初心者おすすめ戦略
シングルス初心者にもできる戦略をご紹介します。
シコラー対策
シコラーと戦うときのコツについてまとめてみました。しつこくつなげてくる相手を崩す方法とは?
ハードヒッター対策
シングルスの試合でハードヒッターに当たった時の対策をご紹介します。
女子シングルスの戦略
女子シングルスの試合でよくあるロブ合戦の対処法についてご紹介します。
サーブの立ち位置
シングルスの試合に出るとき、サーブの立ち位置がわからないという人も多いと思います。ここでは戦略的にベストなサーブの立ち位置についてまとめてみました。