サーブキープするコツ

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

シングルスでサーブキープするコツ

テニスシングルス

シングルスに限らず
テニスの試合で勝つためには
サービスキープをすることは重要です。

 

相手のレベルが上がるほど、
ブレークは許してくれないので、
1つのブレークが命取りになってしまいます。

 

 

しかし、シングルスの場合、
中央付近からサーブするので、
ワイドサーブに角度がつけにくく
なかなかエースが取りにくくなっています。

 

そんな中、サービスキープするためには、
少しでも相手のリターンを崩していくことが大切です。

 

エースは取れなくても浅いボールを打たせて
2発目、3発目で決められれば、
サービスキープも楽になります。


コーナーへしっかり配球する

テニスシングルス

相手のリターンを崩すためには
入れるだけのサーブではなく
しっかりとコーナーに配球できるよう
普段から練習することが必要になります。

 

角度はつけられない分、
深めのサーブを打つことができれば
相手の甘いリターンも増えてきます。

 

フォアサイドからのサーブはセンター、
バックサイドからのサーブはワイドに打つことで
相手の苦手なバックハンドを打たせることができます。

 

センターへのサーブはネットが低いので、
フラットサーブやスライスサーブが有効です。

 

バックサイドからのワイドへのサーブは、
コートの外にはねるキックサーブが有効になります。

 

草トーナメントに出る選手のほとんどは、
バックハンドが苦手です。

 

なので、サーブは、
相手のバックハンド側を中心に狙うべきです。

 

バックハンドを中心にサーブを打ち、
相手が慣れてきたらフォアハンドにも打つようにしましょう。

 

ボディーサーブも試してみる

 

相手のバックハンドやフォアハンドに打っても
しっかりリターンされるようなら
ボディーサーブを打ってみましょう。

 

相手の正面に打つことにより、
フォアかバックか迷ってしまい
返すだけのリターンになる可能性があります。

 

フラットサーブが速い人は、
フラットサーブが有効です。

 

フラットサーブが速くない人は、
スライスサーブで相手の体の方に
曲がるサーブが有効です。

 

相手がフォアかバックか迷って、
リターンが浅くなるようであれば
ボディーサーブは成功です。

 


回転系のサーブを磨く

高く跳ねるスピンサーブは、
高い打点で打たなければならないため
相手は攻撃しにくくなります。

 

また低く滑るスライスサーブは
ネットより低い位置でリターンするので
山なりに返さなければならず、
チャンスボールも増えます。

 

回転系のサーブは
跳ねてからスピードも速くなるため
リターンを崩すのに有効です。

 

中途半端な回転サーブは
逆に攻撃されやすいですが
回転系のサーブを磨いてキレをよくすることにより
サーブのキープ率も上がってくるはずです。

 

サーブの次に打つコースを決める

サービスキープするコツは、
サーブの次に打つショットとの組み合わせで
ポイントを取っていくことです。

 

例えば、ワイドにサーブを打った場合、
逆サイドにオープンコートができます。

 

なので、オープンコートに確実にコントロールして、
ウィナーを狙いにいきます。

 

特に、相手のバックハンドへのワイドサーブの場合、
ボールが浅くなる可能性が高いので
予測して次のショットを打つ準備をすることが大切です。

 

また、センターにサーブを打った場合、
オープンコートはできにくいです。

 

なので、次のショットは、
相手の苦手なバックハンドに打って、
主導権を握ったままラリーをすることが大切です。

 

センターにサーブを打った場合、
相手は角度をつけにくいので、
ネットプレーが得意な人は、
サーブアンドボレーするのもよい戦略です。

相手のリターンがいいときは無理をしない

テニスシングルス

いくらよいサーブを打っても、
コースを読まれたりすると
鋭いリターンが返ってくることがあります。

 

そんなときは、
無理せずラリーを続けることを考えましょう。

 

無理にコースに打とうとせず、
コートの真ん中を狙ってロブを打ちます。

 

サーブリターンの処理で
余裕がなくなっているので、
ロブで時間稼ぎをして
体勢を立て直すことが重要になります。

 

無理をしてミスをするより、
粘ってラリーを続けて
ポイントを稼いでいくのです。


まとめ

シングルスでサーブをキープするコツは、
サーブと次のショットとの組み合わせで
ポイントを取っていくことです。

 

例えば、ワイドにサーブを打てば
逆サイドにオープンコートができます。

 

なので、次のショットで逆サイドに
ウィナーを狙いにいきます。

 

また、センターにサーブを打ったら、
オープンコートができにくいです。

 

なので、無理に狙いにいかず、
相手の苦手なバックハンドへ打ち
主導権を渡さず次のショットで決めにいきます。

 

そのためには、サーブをコースに
しっかりコントロールすることが大切です。

 

ワイドサーブは、スピン系で
コートの外にはねるサーブが必要です。

 

センターへのサーブは、
速いフラットサーブを打ったり、
遠くに逃げていくスライスサーブを打ったり、
相手に打ち込まれないようにします。

 

スピンやスライスサーブを磨いて
コースにしっかり打ち分けることにより、
相手に打ち込まれないようになります。

 

その次のショットも
しっかりコースにコントロールすることで、
サーブのキープ率もおのずと上がってきます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

シングルスの戦い方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ボレーを決めるコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
体力を温存する
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ポジショニングの基本
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
センターセオリー
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ミスを減らす方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
シングルスボレーヤーの勝ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
有効なサーブリターン
試合のレベルが上がってくるほどサーブリターンのコースが重要になります。
初心者おすすめ戦略
シングルス初心者にもできる戦略をご紹介します。
シコラー対策
シコラーと戦うときのコツについてまとめてみました。しつこくつなげてくる相手を崩す方法とは?
ハードヒッター対策
シングルスの試合でハードヒッターに当たった時の対策をご紹介します。
女子シングルスの戦略
女子シングルスの試合でよくあるロブ合戦の対処法についてご紹介します。
サーブの立ち位置
シングルスの試合に出るとき、サーブの立ち位置がわからないという人も多いと思います。ここでは戦略的にベストなサーブの立ち位置についてまとめてみました。