シコラー対策のコツ

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

シコラー対策のコツ

シコラーとは、とにかくミスせずつなげてきて、
相手のミスを誘うタイプのプレーヤーです。

 

初めて当たった時は、「えっ」と思うくらい
ゆっくりとした球しか打ってこないので
これは楽勝だと思って油断してしまいます。

 

しかし、意外とこのシコラーに勝てない、
という方も多いと思います。

 

どんな球を打ってもゆっくりとした球で返ってくるので
ストレスが溜まってきてミスを連発してしまう、
というのが最悪のパターンです。

 

しかし、このシコラーに勝ってこそ
自分もレベルアップできるはずです。

 

ここでは、シコラーに勝つための対策についてご紹介します。

 

ボールを深くコントロールすること

相手の嫌がる深いボールを続ければ、
シコラーといえどミスをしたり
チャンスボールを引き出せるはずです。

 

シコラーは、とにかく返してくるので、
我慢してロブ系の深いボールを打ち続けることが大切です。

 

相手をベースラインの後ろでプレーをさせて、
浅いボールを待つ、という戦法です。

 

参考
シングルス初心者におすすめの戦略

 

スピン系のロブで深くコントロールされた球は
高く跳ねて返しにくいのでチャンスボールを引き出せます。

 

ここで気を付けたいのは、
1回、2回では決まらないということです。

 

ミスせず返し続けてくるのがシコラーなので、
5回、10回と我慢して深いボールを打ち続けることです。

 

チャンスが来たら、ネットに出て、
オープンコートを狙ったり
ドロップショットで決めるという戦略です。

 

しっかり構えて打つこと

しっかり構えて打つことはテニスの基本ですが
意外と実践されている方が少ないようです。

 

しっかり構えを作ってストロークやボレーをすることで、
相手がどちらに飛んでくるかわからない、
というメリットがあります。

 

例えば、フォアハンドで肩を入れて構えることで
相手はストレートに来ると思うはずです。

 

しかし、そこでクロスに打てば、
シコラーの足が止まりミスを誘うことができるはずです。

 

大切なことは、同じ構えからどんなショットも打てるということです。

 

幸いなことに、シコラーは攻撃力が無いので、
ボールコントロールはできるはずです。

 

ボレーの構えから、ストレートにもクロスにも
ドロップショットもできる。

 

バックハンドスライスの構えから、
深く滑るスライスやドロップショットもできる。

 

そんな感じで、何種類もショットの選択肢をもっておけば
シコラー対策になるはずです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

シングルスの戦い方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ボレーを決めるコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
体力を温存する
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ポジショニングの基本
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
センターセオリー
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ミスを減らす方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
シングルスボレーヤーの勝ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
サーブキープするコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
有効なサーブリターン
試合のレベルが上がってくるほどサーブリターンのコースが重要になります。
初心者おすすめ戦略
シングルス初心者にもできる戦略をご紹介します。
ハードヒッター対策
シングルスの試合でハードヒッターに当たった時の対策をご紹介します。
女子シングルスの戦略
女子シングルスの試合でよくあるロブ合戦の対処法についてご紹介します。
サーブの立ち位置
シングルスの試合に出るとき、サーブの立ち位置がわからないという人も多いと思います。ここでは戦略的にベストなサーブの立ち位置についてまとめてみました。