シングルス初心者におすすめの戦略

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

シングルス初心者におすすめの戦略

長いことダブルスばかりやっていて
シングルスをやってみると全く勝てない、
という方も多いと思います。

 

確かに、ダブルスの場合は前衛、後衛と
役割がはっきりしているののに比べて、

 

  • シングルスはダブルスに比べて守備範囲が広い。
  • 一人で守って一人で攻めなければいけない。
  • ストレートはネットが高くなっている。

 

など、体力も必要になるし、
ポジショニングもケースバイケースで
考えなくてはいけません。

 

 

初めてシングルスをした方にとっては
かなり違和感があると思います。

 

そんなシングルス初心者が
どんなプレースタイルで戦ったらいいか
その戦略方法をご紹介します。

 

ベースライン付近にコントロールする

シングルスの戦略で最も大切なのは
浅いボールを打たないことです。

 

ボールが浅くなると角度をつけられて
簡単に決められてしまうからです。

 

なので、できるだけ深くコントロールして
相手をベースラインより後ろから打たせることが大切です。

 

相手のポジションを下げさせることで、
そんなに厳しいコースにも打って来れないし
自分にも余裕ができます。

 

通常のストロークでなかなか深く打てない方は
スピンロブのような高いボールで
深くコントロールするボールがおすすめです。

 

深く相手の打ちにくい球でラリーを続けて
相手のミスを誘ったり、ミスヒットで浅くなったところを
前に出て決めるという戦略です。

 

ロブ系のボールなら自分のポジションに戻る時間もできるし
相手も攻撃しにくくなります。

 

コースはフォアでもバックでも構わないので、
ますはゆっくりでも深いボールを返すことが大切です。

 

ポジションはほぼ真ん中でOK

ストロークの打ち合いの時のポジションは
深めにコントロールできていれば、
ほぼ真ん中でセットすれば間違えないです。

 

厳密に言えば、フォア側に打った時は少しフォア側に、
バック側に打った時は少しバック側に移動するのが正解です。

 

参考
シングルスのポジショニングの基本

 

しかし、ボールが深くコントロールされていれば
それほど気にする必要はありません。

 

真ん中に戻る時間がない時には
ロブ系の球で時間を稼いで戻る余裕を作ります。

 

ボールが浅くなったら決められても仕方ない
というくらいの心構えでいた方が気持ちに余裕ができます。

 

とにかく深いボールで相手のミスを誘い、
浅くなったボールにすぐさま反応して
前に出て決めに行くという戦略が
シングルス初心者には有効です。

 

初心者のうちは、まずはこの戦略で
成功体験を重ねることが重要です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

シングルスの戦い方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ボレーを決めるコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
体力を温存する
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ポジショニングの基本
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
センターセオリー
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ミスを減らす方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
シングルスボレーヤーの勝ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
サーブキープするコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
有効なサーブリターン
試合のレベルが上がってくるほどサーブリターンのコースが重要になります。
シコラー対策
シコラーとはゆっくりでもミスせず返してきて相手のミスを誘うタイプのプレーヤーです。
ハードヒッター対策
シングルスの試合でハードヒッターに当たった時の対策をご紹介します。
女子シングルスの戦略
女子シングルスの試合でよくあるロブ合戦の対処法についてご紹介します。
サーブの立ち位置
シングルスの試合に出るとき、サーブの立ち位置がわからないという人も多いと思います。ここでは戦略的にベストなサーブの立ち位置についてまとめてみました。