ボレーを決めるコツ

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

シングルスでボレーを決めるコツ

テニスシングルスの勝ち方

シングルスではボレーに出る人は
あまり多くありません。

 

それは、コートが広いので
ロブやパッシングショットで
簡単に抜かれてしまうからです。

 

しかし、ネットに出れば、
より厳しいコースに打つのも簡単にできます。

 

 

なので、積極的にネットに出て
相手にプレッシャーを与えることができれば
より有利に試合を進めることができます。

 

では、どのようにしたらネットプレーで
有利に進めることができるのでしょうか?

 

ネットプレーでボレーを決めやすいのは

  • 低いスライスでアプローチショットしたとき
  • 相手をコートの外に追い出した時
  • 相手の苦手なコースに打つ

の3つのシチュエーションが考えられます。

 

低いスライスでアプローチショット

 

相手にネットより低いところで打たせれば、
ロブも上げにくいし浮いた球が多くなるので
ボレーが決めやすくなります。

 

そのために最も有効なのは滑るスライスです。

 

低いスライスは打ち方が難しいですが、
習得すればかなりの武器になります。

 

スライスなら、滞空時間も長いので、
その間にネットに詰めることができます

 

 

ただし、弱々しいスライスでは
逆にチャンスボールになってしまうので
スライスの正しい打ち方を身に着ける必要があります。

 

参考
シングルスでスライスを打つメリットと打ち方

 

 

相手をコートの外に追い出した時

 

相手がコートの外にいる状態の時は
ボレーを決めるチャンスです。

 

例えば、高く弾むボールを打って
相手がベースラインの後方にいる時です。

 

高い打点から打つボールはチャンスボールになりやすく
かつ、滞空時間が長いのでボレーに出る時間が作れます。

 

この時に気を付けなければいけないのは
相手がロブで返してくることです。

 

あまり前に詰めすぎるとロブの餌食になってしまいます。

 

そのため、サービスラインの後ろくらいで
返球を待った方が無難です。

 

スマッシュやハーフボレーで、
相手の取りにくいところにコントロールして、
次のチャンスボールで決める、
という戦略を取るのが有効です。

 

その他にはショートクロスで相手を走らせる球が有効です。

 

ショートクロスならオープンコートができているので
ボレーも決めやすくなります。

 

しかし、ショートクロスだと、
相手はストレートもショートクロスも
打ってくる可能性があります。

 

相手に余裕がある場合には
逆にチャンスボールにもなります。

 

なので、ボールのコースや相手の体勢をよく見ながら
自分のポジションを決めなくてはなりません。

 

参考
シングルスのポジショニングの基本

 

相手の苦手なコースに打つ

 

相手がバックやフォアのどちらかが苦手な場合は
比較的楽にネットに出ることができます。

 

例えば、バックが苦手な場合は、
バックに走らせるようなボールを打った時は、
チャンスボールが来る可能性大です。

 

一度フォアに振っておいてから
バックのオープンコートにコントロールすれば
そう簡単に厳しいボールは来ません。

 

ただし、フォアもバックもそこそこ打てる相手なら
この戦略は通用しないかもしれません。

 

自分のボールの威力や相手のレベルなどにも左右されます。

 

ポジショニングに注意

 

ネットに詰めた場合はポジショニングにも注意が必要です。

 

例えば、相手がクロスにいる場合、
ストロークの時はクロス寄りにポジションを取りますが、
ボレーに出た時はややストレート寄りのポジションになります。

 

自分がクロスに打った場合、
相手の打ってくる範囲の真ん中は
ストレート寄りになります。

 

参考
シングルスのポジショニングの基本

 

このポジションを間違えると、
ストレートにオープンコートができてしまいます。

 

また、コースが甘くなり相手に余裕ができると
ロブを打たれる可能性もあります。

 

そのため、いきなり前に詰めるのではなく、
サービスラインの後ろあたりでセカンドボレーして
徐々にプレッシャーを与えるのが得策です。

 

ロブを打たれても、スマッシュやハイボレーでコースをつき
相手を走らせてプレッシャーを与える戦略です。

 

失敗を恐れずネットに出ること

 

シングルスの試合では、
相手の特徴がわからない場合がほとんどです。

 

そうはいっても、怖がってネットに
出ないのも進歩がありません。

 

まずは、失敗を恐れずネットに出ることも大切です。

 

一度や二度の失敗にくじけることなく
ネットに出るチャンスがあれば
積極的にネットに出ることが大切です。

 


スポンサーリンク

関連ページ

シングルスの戦い方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
体力を温存する
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ポジショニングの基本
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
センターセオリー
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ミスを減らす方法
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
シングルスボレーヤーの勝ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
サーブキープするコツ
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
有効なサーブリターン
試合のレベルが上がってくるほどサーブリターンのコースが重要になります。
初心者おすすめ戦略
シングルス初心者にもできる戦略をご紹介します。
シコラー対策
シコラーとはゆっくりでもミスせず返してきて相手のミスを誘うタイプのプレーヤーです。
ハードヒッター対策
シングルスの試合でハードヒッターに当たった時の対策をご紹介します。
女子シングルスの戦略
女子シングルスの試合でよくあるロブ合戦の対処法についてご紹介します。
サーブの立ち位置
シングルスの試合に出るとき、サーブの立ち位置がわからないという人も多いと思います。ここでは戦略的にベストなサーブの立ち位置についてまとめてみました。