セリーナウィリアムズのプレースタイル

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

セリーナウィリアムズのプレースタイル

セリーナウィリアムズは、女子テニス界の歴代最強プレーヤーといわれています。

 

彼女の残したグランドスラム通算23勝というのは、
マーガレットスミスコートの24勝に次ぐ
歴代2位の記録になっています。

 

セリーナの場合、オリンピックの優勝やダブルスの優勝も含めると
やはり世界最強プレーヤーといわざるをえないでしょう。

 

パワーテニスの先駆け

セリーナウィリアムズのプレースタイルは
何といっても強烈なサーブを中心としたパワーテニスです。

 

サーブは最高速度200kmと女子のトップクラスのスピードです。

 

ジョコビッチや錦織も最高速度は200kmくらいですから、
男子並みのスピードといってもいいでしょう。

 

持ち前のパワーを生かしたサーブやリターンで
対戦相手を押しまくるイメージですが
実際のところはどうせしょうか?

 

彼女の試合を見るととてもテンポが速く、
男子の試合を見ているようです。

 

シャラポワ選手との対戦動画です。

 

並外れた身体能力

シャラポワもハードヒッターですが、
セリーナウィリアムズには2勝18敗と
圧倒的に負け越しています。

 

なぜ、ここまで負け越しているのかというと
ボールに対する反応速度の差であると思われます。

 

これだけのハードヒットの打ち合いだと
一瞬の遅れが勝負の明暗を分けます。

 

サーブリターンはベースラインより前

例えば、サーブリターンをとっても
セリーナはベースライン上はそれより前で構えるのに対し
シャラポワはベースラインより後ろで構えます。

 

セリーナは前でサーブリターンをするため、
テークバックを小さくしてカウンター気味のリターンをしているのが
この動画を見てもわかると思います。

 

前で構えても変わらない確率でリターンができるということは
相手のサービスゲームでプレッシャーを与えられます。

 

1m前でリターンできれば
相手には2m分の早い時間で返球されることになりますね。

 

つまり、サーブを打ったあと素早く構えなければいけない。

スイングに余裕がなくなる。

振り遅れや打ちそこないなどミスが多くなる。

 

といったプレッシャーになります。

 

このような戦法は、特にサーフェスの早いハードコートや
芝コートでは有利になります。

 

テークバックを小さくしたカウンターショットは
練習すれば実践でも大きな武器になるので
参考になります。

 

素早いテークバックが特徴

セリーナウィリアムスのスイングの特徴でわかりやすいのは
テークバックが素早いというところです。

 

シャラポワと比べても早いのはよくわかりますね。

 

シャラポワはバウンドしてからテークバックするのに対して
セリーナは相手が打ったらすぐにテークバックするのがわかります。

 

テークバックが早ければ早いほど

 

余裕をもってスイングできる。

イレギュラーバウンドにも対応しやすい。

最適な打点で打つことができる。

安定した良いショットを打つことができる。

 

といった好循環になります。

 

最近では女子の選手もハードヒッターが全盛のなかで
いまだ30歳を過ぎても世界のトップにいられるのは
意外とこんな基本的なことができているからかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

錦織圭
錦織圭のプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。
ロジャーフェデラー
ロジャーフェデラーのプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。
ラファエルナダル
ラファエルナダルのプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。
アレキサンダーズベレフ
アレキサンダーズベレフのプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。
ノヴァクジョコビッチ
ノヴァクジョコビッチのプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。
大坂なおみ
大坂なおみのプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。
ドミニクテイエム
ドミニクテイエムのプレースタイルや参考にできる部分をご紹介します。