シングルス技術編

この記事を読むにあたって

このサイトでは、右利きのプレーヤーを想定して説明しています。

左利きの人は、逆をイメージして、読み進めてください。

意外と打てる!ポール回しショットの打ち方

ポール回し

テニスをある程度続けている人にとって、
ポール回しショットは憧れるのではないでしょうか?

 

でも、曲がり方が凄いので、
素人には打てないショットだと思っていませんか?

 

 

漫画、テニスの王子様では、
ブーメランスネークという技になっているようですが、
漫画でしか実現できないショットではありません。

 

ポール回しは難しいショットではありますが、
決して打てないショットではないのです。

 

打つ機会が少ないため、
打てないと思われがちですが、
練習次第で打てるようになります。


ポール回しとは

ポール回しとは、
ネットの外を通って相手コートに入れるショットのことです。

 

ネットを支えるポールを回すように、
回転をかけるため、このような名前がついています。

 

ポールの外を通るボールは、
ネットを超える必要はありません。

 

ネットより低いところを通っても、
ネットを超える高さでも、
ポールの外側から曲がって相手コートに入るボールをポール回しといいます。

 

一瞬アウトじゃないか?
と思ったボールが入ってくるので、
決まればポイントになりやすいショットです。

 

では、ポール回しの映像を見てみましょう。

 

 

ボールにサイドスピンがかかって、
見事にコートに入っていますね。

 

ネットより低いところを通ったボールは、
バウンドが低く、滞空時間も短いため、
より返しにくくなります。

 

難しいけど、入るとエースになりやすいのが、
ポール回しショットの特徴です。

 

ポール回しの打ち方

ポール回しはほとんどの場合、
コートの外から内に曲がるように、
サイドスピンをかけます。

 

真っすぐなボールでもできなくはないですが、
コースが狭くなり、入りにくくなります。

 

サイドスピンをかけるときの注意点は、

 

  • ボールの外側を打つ意識を持つこと
  • フォアハンドの場合はボールの右側を、バックハンドの場合はボールの左側を打つイメージ
  • 手首のスナップを使って、さらにコートの外側へ振り抜くような打ち方をします。

 

そうすれば、コートの外側から内側に曲がるボールが打てます。

 

フォアハンドの場合は、
ボーリングの投球フォームをイメージすると
わかりやすいかもしれません。

 

手首の使い方は、
ボーリングで右から左に曲がるボールを投げるフォームと似ています。

 

プロボーラーは、ボールの右側を持ち、
手首のスナップを下から上に使って投げていますね。

 

動画の中では、
ナダルのフォアハンドのポール回しが
そのような動きをしていたと思います。

 

バックハンドはなかなか難しいと思うので、
まずはフォアハンドで試してみてください。

ポール回しを打つときの注意点

ポール回しは打ち方だけ覚えても、
難しいと思います。

 

ポール回しを打てる状況は限られています。

 

打ち方だけ覚えて、いざ使おうとしても、
成功率はかなり低いです。

 

そこで、ポール回しを打つときの注意点をまとめてみました。

 

  • ワイドのボールにしっかり追いつくこと
  • 打点は後ろ過ぎないこと
  • 目標を見ないこと

 

この3つを意識することが大切です。

 

ポール回しを打つ場合は、
ワイドに逃げていく珠に限定されます。

 

そのため、思った以上に走らないと追いつけません。

 

たとえ追いつけても、振り遅れて、
コートの外に飛んで行ってしまいます。

 

いつもより1歩以上余分にボールに近づかないと、
ボールコントロールできないのです。

 

また、目標を見てしまうと体が開いて、
ボールに回転をかけづらくなります。

 

なので、目標よりもコートの外側を見て、
少しクローズスタンス気味で打つと、
回転をかけやすくなります。

 

試してみてください。

 

球出しで練習してみる

ポール回しを実戦で使いたければ、
まず球出しで練習してみることをおすすめします。

 

定位置に構えて、
コートの外に逃げていくボールを球出しします。

 

ゆっくりな球出しでいいので、
コートの外まで走って打つ練習です。

 

ゆっくりでもなかなか追いつかないかもしれません。

 

あるいは、追いついても、打つ余裕がないと、
うまくコントロールできないこともあります。

 

  • ボールに追いつく感覚、
  • コートの外を通す感覚
  • ボールを曲げる感覚

 

この3つをつかむことができれば
実戦でも使えるでしょう。

 

こういうことは、練習で体感しておかないと、
実戦で使うことはできません。

 

遊び感覚でいいので、
ポール回しショットの練習を取り入れてみることをおすすめします。

まとめ

この記事では、
ポール回しの打ち方についてお伝えしました。

 

ポール回しは、
コートの外側から内側に曲がってくるショットです。

 

ポール回しの打ち方は、

 

  • ポールの外側を打つ意識
  • ボーリングの投球フォームのイメージ

 

技術的には、この意識で打てば、
コートの外から内側に曲がるボールを打つことができます。

 

しかし、それ以上に大切なのは、
ワイドに逃げていくボールに追いつくフットワークです。

 

しっかり追いついて、
余裕を持った打ち方をしないと成功しません。

 

その感覚をつかむには、
球出し練習をすることをおすすめします。

 

定位置からコートの外側に走って打つ、
という感覚をつかむことが大切です。

 

難しいショットですが、
できないショットではないので、
遊び感覚で挑戦してみてください。

人気のテニス教材

テニスシングルス


フォアハンドが苦手な人、
肝心な場面でミスする人必見!

元全日本ダブルスチャンピオンが教える
最速フォアハンド上達法とは?

>>詳細はこちら<<

関連ページ

キックサーブの打ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ストロークを安定させる
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
スマッシュのコツ
スマッシュはサーブと同じ考えで打っていると失敗します。サーブとスマッシュの決定的な違いとは?
スライスの打ち方
シングルスの試合で有効なスライスの打ち方についてご紹介しています。
フォアハンドの打ち方
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ドロップショット
テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。
ローボレーのコツ
シングルスでネットプレーを上達させるのに必要不可欠なローボレーをマスターするコツをご紹介します。
パッシングショットのコツ
テニスの試合でパッシングショットが決まらない原因やパッシングショットでポイントを稼いでいく方法についてまとめてみました。
クロスに打てない
テニスでクロスに上手く打てない原因と対処法についてまとめてみました。
トップスピンロブの打ち方
シングルスの試合で有効なトップスピンロブの打ち方や注意点についてまとめてみました。
安定したサーブ
シングルスでは自分のサーブが安定しないと全く勝てません。ここでは、サーブを安定させるコツについてご紹介します。
ショートクロスの打ち方
ショートクロスの打ち方とシングルスで使う時の注意点についてご紹介します。
ストロークのコントロール
ストロークの深さを出したり、コースを打ち分けるコツについてご紹介します。
ハーフボレーの打ち方
ハーフボレーの打ち方についてまとめてみました。シングルスのネットプレーをしたい人必見です。
スライスサーブリターン
テニスの試合で意外とてこずるスライスサーブのリターンのコツについてご紹介します。
片手バックハンド
片手バックハンド(シングルバックハンド)が上達するコツについて解説しています。
両手バックハンド
両手バックハンド(ダブルバックハンド)が上達するコツについて解説しています。
フラットサーブの打ち方
正しいフラットサーブの打ち方とは?フラットサーブを安定させる打ち方についてまとめてみました。
スライスサーブの打ち方
滑るスライスサーブを打つことができるとシングルスの試合でサービスキープが優しくなります。
ライジングショットのコツ
ライジングショットのメリットや打ち方のコツについてご紹介します。
アプローチショットのコツ
シングルスでネットプレーを決めるポイントとなるアプローチショットのコツについてまとめてみました。
コース打ち分け
テニスで左右のコースの打ち分け方法は何通りかあります。それぞれのメリット、デメリットについてまとめてみました。